yuri_chiri

旅行の記録など

1泊2日阿智村旅行 - 2022/02/2-3

2年ぶりの旅行

ほんとうに2年ぶり、中学校の修学旅行以来だったと思います。家族全員ではないですが、2月上旬にちょうど休みが重なる期間があったので、1泊2日で阿智村に行ってきました。JR東日本国内ツアーで、「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー Season2021」込みの旅程を選びました。もちろん星空目当てです。

旅行直後に書いた簡潔なまとめツイートを載せておきます。

出発

電車に乗りました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227085549j:plain

こういうスクリーンって、肉眼で判読できるようにはされていても、カメラで一瞬を撮るとこう写るんですね。

 

f:id:viridis_geogr:20220227085605j:plain

途中で見えた、岩肌がけっこう露出している山です。名前は知りません。

 

f:id:viridis_geogr:20220227090114j:plain

「車窓ガイドサービス」というのがあるらしいです。帰りに使ってみようかなと思ったのですが、けっきょく利用しませんでした。ぼんやり車窓風景を眺めるのもまた一興だと思います。

上諏訪駅

上諏訪駅で電車を降りました。ここのバスロータリーに旅館の送迎バスが来る予定になっていました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227090637j:plain

上諏訪駅もその両隣の駅も、駅名の語感がなんとなくかわいいですね。「ちの」と読む地名があることは知りませんでした。ちなみにごちうさ未履修です。

 

f:id:viridis_geogr:20220227091120j:plain

跨線橋からの眺めです。

諏訪湖

昼食を摂る前に諏訪湖を散策しました。ちょっと見て回っただけです。

 

f:id:viridis_geogr:20220227092240j:plain

凍っていました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227092339j:plain

鳥。湖面のほとんどが凍っているのでここに集まったという感じでしょうか。

 

f:id:viridis_geogr:20220227095706j:plain

遊覧船。

 

立石公園にも行こうと思ったのですが、徒歩だとそれなりに時間がかかるらしく、僕一人でなら行くことはできたのでしょうが、断念しました。またいつか来たときには立石公園からの眺望を楽しみたいと思っています。

昼食は「いずみ屋」さんで「みそ天丼」をいただきました。ワカサギや手長エビも入っていてとてもおいしかったです。「信州諏訪 みそ天丼」というらしいですね。食べ歩きスタンプラリーをやっているみたいでした。ちなみに、「鉄平石」の箸置きがあったのですが、これは諏訪地方に分布する板状節理からできたものなんですね。ここはちょっと地学っぽくておもしろかったです。写真は撮りませんでした。

昼食後十数分でバスが来ました。いよいよ阿智村へ出発です。

阿智村

のどかな田園風景を眺めながらバスに揺られること1時間半、旅館に到着しました。河川敷が原風景にある人生にすこし憧れました。将来、一人暮らしを始める際には、東京でなく、それなりの星空が見える地方中核都市に住もうと思っています。

 

f:id:viridis_geogr:20220227100345j:plain

1枚500円の限定通貨。

 

夕食は、旅館で食事をするのがやはり2年ぶりだったので、すこしどぎまぎしましたね。コミュニケーションが発生するとは思っていませんでした。

ナイトツアー

山麓へ向かうバスに乗車。数十分で着いたゴンドラ乗車口からはすでに星が見えていました。空がしっかりと暗いので、見慣れたオリオン座も、一つひとつの星の直径が東京から見るよりも大きく見え、普段の数倍の光量を伴っているように感じられました。ゴンドラ乗車中もけっこう星が見えたのですが、山頂に着くと頭上はすっかり雲に覆われてしまっていました。雪が分厚く積もっていました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227101718j:plain

壁面へのプロジェクションを用いたガイドさんの解説。あいにくの曇り空ではありましたが、それぞれの星があるであろう位置にレーザーポインターを照射して、主要な冬の星座の解説をされていました。

1回目の解説が終わると、2回目の解説は屋内で行うとのアナウンスがありました。屋内では、ギリシャ神話に焦点を当てた解説が行われました。ギリシャ神話はおもしろそうなので、ある程度星座を覚えてからすこし触れてみようと思っています。

温泉

昼神温泉」ですから、どの旅館にも温泉がありました。僕の泊まった旅館には、1階に露天風呂、上のほうの階に展望風呂があったのですが、僕はせっかくなので露天風呂のほうに入りました。温泉に入ったのは3年以上ぶりだったと思います。成分表も眺めてみたのですが、化学の知識が皆無なのでよくわかりませんでした。やはり理系科目の知識があると、こういったものの見えかたが違ってくるんだろうなあと思いました。

 

就寝前、旅程ミスが発覚しました。帰りのバスの上諏訪駅到着時刻が、手元にある電車の乗車券の出発時刻よりも遅くなっていたのです。これは翌朝問い合わせたところ、電車の側は出発時刻を過ぎてもその乗車券で乗車可能だとのことで、いちおう解決しました。

翌朝、まずは朝市に行ってきました。朝食の際、担当していただいた旅館の方のお話では、星空を確実に見たければ3泊はするべきとのことでした。2泊3日では、2晩とも曇ってしまうことがあるそうですが、3泊4日なら、1晩くらいは晴れる確率が高いそうです。

 

f:id:viridis_geogr:20220227115032j:plain

f:id:viridis_geogr:20220227115049j:plain

9時頃にチェックアウトし、しばらく川辺を散策しました。普段はまったく目にすることのない空間的な広がりを楽しめました。

昼食は「玉のゆ」さんで「昼神うどん」をいただきました。昼食後、送迎バスが来るまで2時間ほどあったので、旅館でいただいた観光案内地図を頼りに、阿智神社 奥宮に行ってみることにしました。とはいえ、地図に載っていた場所のなかでもここだけはすこし遠かったので、どちらかというとGoogleマップのほうに頼っていました。前宮でなく奥宮に行くことにしたのは、逆張り精神の表れって感じですね。次来たときには前宮に行こうと思います。

阿智神社 奥宮

2km歩きました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227133652j:plain

歩いてきた方向を撮った写真です。左側の山沿いの道を歩いてきました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227120545j:plain

看板。

 

f:id:viridis_geogr:20220227120626j:plain

社号標というらしいですね。

 

f:id:viridis_geogr:20220227125635j:plain

案内板です。

 

f:id:viridis_geogr:20220227125704j:plain

神道文化の知識があまりないのでよくわかりません。

 

f:id:viridis_geogr:20220227125852j:plain

f:id:viridis_geogr:20220227130118j:plain

丘をすこし登ったところにありました。

 

f:id:viridis_geogr:20220227130152j:plain

さらに短い「磐座参道」がありました。岩に対する信仰、あるいは信仰の対象となる岩そのものを「磐座(いわくら)」というそうです。

 

f:id:viridis_geogr:20220227132135j:plain

「磐座参道」を登った先にあった案内板。磐座の解説が書いてあります。磐座本体の写真は撮りませんでした。

 

ちょうどいい時間になっていたので、送迎バスの発着場所となっていたACHI BASEまで歩いて戻り、バスが来るまで十数分間休憩しました。ふと入口のほうを見やるとバスが来ていたので、乗車しました。

おわり

 

f:id:viridis_geogr:20220227134554j:plain

上諏訪駅まで戻ってきて、電車に乗りました。乗車券はあっても、席の指定はできていない状態だったので、予約されていない席に座り、頭上にあるLEDランプの色に注意を払う必要がありました。

最寄り駅に着き、家に向かって歩いていると、住み慣れた街がミニチュアのように感じられました。距離感覚が一時的に阿智川周辺にアジャストされていたようでした。自然と遠くの建物のほうへ視線が向き、自分はなんて狭いところに住んでいるんだろうと思いました。

以上です。

日帰り『ゆるキャン△』聖地巡礼@伊豆 - 2022/02/12

人生初の聖地巡礼

人生初の聖地巡礼をしてきました。とは言っても、僕の主目的は、聖地巡礼というよりはむしろ、作中に登場した柱状節理を生で見ることにありました(地理・地学にどハマりしているので)。聖地巡礼にかこつけた感じですが、もちろん「聖地巡礼」なるものを生まれて初めて行うことへのドキドキ感もありました。

以下、文章はほどほどにして写真メインです。記事というよりは記録ですね。

出発

早起きして電車に揺られ、まずは東京駅まで出ました。

新幹線に乗る

 

f:id:viridis_geogr:20220215003113j:plain

新幹線に乗りました。途中、車窓から見えた富士山が東京から見るよりも大きく見えてワクワクしました。いつか富士五湖のあたりに泊まってみたいですね。

 

f:id:viridis_geogr:20220215003600j:plain

熱海で乗り換えました。温泉街って感じでした(地下の温度、100m深くなるごとに3℃上がるんだっけ)。あと、そこらじゅうに柑橘類が生えてましたね。途中駅のホームにはサイケデリックな絵が展示されてました。

それと、このあたりに来るとが見えてきたのですが、僕は数年来海を見ていなかったので、近くの波のうねりと、水平線とを交互にまじまじと見つめました。雲の切れ目から海面上に日が差しているところだけギラギラと光っているのが見えました。

到着

 

f:id:viridis_geogr:20220215003800j:plain

伊豆急下田駅に到着しました。ここから徒歩&バスで行動開始です。

まずは徒歩まどが浜海遊公園へ向かいました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215010008j:plain

道中で通りかかった道の駅 開国下田みなと。後半に寄ることになります。

まどが浜海遊公園

意外と空いてました。

錨と足湯

の写真に写った自分の顔を隠すのがめんどうなので、既に隠してある写真を載せたツイートを引用します。

 

f:id:viridis_geogr:20220215011451j:plain

足湯です。僕が入ったときは体感38℃ぐらいでした。外気が寒いぶん、とても温かく感じました。

黒船

 

f:id:viridis_geogr:20220215012847j:plain

黒船遊覧船。けっこう速く動いてました。

さて、ここからはバス移動です。

 

f:id:viridis_geogr:20220215014152j:plain

海遊公園前」バス停にて乗車。時刻表を見ればわかる通り、1本バスを逃すと1時間以上待つことになるので、分刻みで行動する必要があったのです。とはいえ、バスが来るまで数十分、足湯でマッタリすることができました。

爪木崎

 

f:id:viridis_geogr:20220215014620j:plain

爪木崎」バス停にて下車。高低差もそれなりにある住宅地の中を縫うように走っているのが印象的でした。

と、ここで問題発生。スマホの4Gが圏外です。山奥でしか圏外にはならないと思っていたので、これはまったくの想定外でした。同伴者(父)のiPhoneもダメ。仕方なく、ところどころにある案内板を頼りに、まずは俵磯を目指すのですが、その前に昼食。父が事前に目星をつけていた売店にお邪魔して、「磯ラーメン」をいただきました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215023931j:plain

サザエを食べたのは数年ぶりだったかな。ラーメンそのもののおいしさと、外気の寒さが相まって、筆舌に尽くしがたい満足感が得られました。

…けっきょく、道の分岐点がそんなに多いわけでもなく、案内板だけでもなんとかなったのですが、普段はGISに頼りきりの人間なので、骨抜きにされた気分でしたね。

 

f:id:viridis_geogr:20220215015549j:plain

こういうのも珍しいので撮りつつ進みます。tsunamiって可算名詞だったんだ。

 

f:id:viridis_geogr:20220215024652j:plain

おもしろいゴミ箱。

 

f:id:viridis_geogr:20220215024737j:plain

こういう感じで、道はわかりやすかったので迷うことはありませんでした。この写真、あらためて見るとカラフルできれいですね。

俵磯

 

f:id:viridis_geogr:20220215020026j:plain

奥まった道を進んでいくと、見えました、俵磯柱状節理です。

ここでも自分が写った写真は顔を隠してあるツイートを引用します。

変なポーズ。

以下、俵磯の写真が数枚続きます。

 

f:id:viridis_geogr:20220215021620j:plain

f:id:viridis_geogr:20220215021747j:plain

f:id:viridis_geogr:20220215021811j:plain

f:id:viridis_geogr:20220215021821j:plain

けっこう足場が悪かったですね。僕は年中スニーカーなので問題ありませんでした。足首の運動になりました。

足元にはいろんな石ころが転がっていたのですが、岩石や鉱物には疎いので目の前の柱状節理に集中しました。チャートっぽいのがわかるぐらい。

柱状節理だけでなく、地面に突き出ている岩々が斜めになっているのを見て、ここの地形が地殻変動の産物であることをあらためて実感しました。

しっかり写真を撮り終えたところで、作中に登場した場所に着きました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215022604j:plain

なるほど、このアングルからでなら、逆光下でもきれいに写ってくれますね。水平線が平行でないのはご愛嬌。

 

f:id:viridis_geogr:20220215025106j:plain

ジオパークの案内表示です。

 

f:id:viridis_geogr:20220215025146j:plain

眺望です。ここはけっこう高い位置にあるので、広く見渡すことができました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215025342j:plain

最後に魚眼でもう1枚。次は灯台に向かいます。

 

f:id:viridis_geogr:20220215025932j:plain

灯台へ向かう一本道の途中にあった案内板。僕としては『恋する小惑星』を連想せずにはいられないですね。

灯台

灯台の写真は例によってツイートを引用します。

 

f:id:viridis_geogr:20220215030344j:plain

良い眺めだなあと思って撮った写真です。

眺望を一通り楽しんだあとは、遊歩道を歩きつつ、花園へ向かいました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215031127j:plain

道中、咲いていたのは水仙。花を愛でる精神文化がないので、植物の知識はほぼ皆無です。顔を近づけてよく眺めてみると、小ぶりな花弁がかわいらしいなとは思いました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215031300j:plain

なぜか斜めに撮ってしまった写真。

 

f:id:viridis_geogr:20220215032105j:plain

もとの場所に戻ってきました。花園への道を引き続き進みます。

 

f:id:viridis_geogr:20220215032445j:plain

日本大学の校舎がありました。遠目には普通の学校に見えました。

花園

 

f:id:viridis_geogr:20220215032607j:plain

花ですね。

 

f:id:viridis_geogr:20220215032632j:plain

建物の縁の花壇には、溶岩っぽい岩も使われてました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215032829j:plain

きれいな刈り込み。

さて、ここからはもう帰り道です。バスに乗るため、花園の奥のほうにある、バス停のあるところへ繋がっているとの案内がある道に入った、のですが…。

須崎歩道

その道は、約2.8kmのハイキングコース「須崎歩道」の、しかも「岩場コース」でした。

 

f:id:viridis_geogr:20220215034440j:plain

波を被って濡れている海岸沿いの道を見て、この道が、入口に書いてあった「遊歩道」などでは決してないということに気づいてからは、バスを逃すまいと、父と一緒にこのハイキングコースを速歩きで通り抜けました。途中で暑くなってきたので着込んでいた上着の前を開け、袖もまくり、途中で水分補給をしながら大急ぎで進みました。

ちょっとした洞穴や、露頭のようなものが目に入りましたが、悠長に写真撮影をしている時間はありませんでした。はっきりとした地層が見えたのは嬉しかったです。

当然、バス停への直線距離とは程遠い曲がりくねった道ですから、まだ続くのか、というのを何度か繰り返し、ようやく地上に出てきて、目当てのバス停に辿り着いたところで撮ったのが上の案内板の写真です。

 

f:id:viridis_geogr:20220215035950j:plain

御影石。ここでお目にかかるとは思いませんでした。

 

f:id:viridis_geogr:20220215040042j:plain

待合室かな。

 

f:id:viridis_geogr:20220215040120j:plain

バスを逃しても、ここでなら1時間くらい過ごせそうですね。

案の定、バス停に着いてから十数分でバスが来ました。急いで来てよかった。

これまたぐねぐねと動く車窓風景を眺め、途中で降りて、最初に通り過ぎた道の駅 開国下田みなと内にあるRa-maruさんへ向かいました。

下田バーガー

 

f:id:viridis_geogr:20220215041055j:plain

テイクアウトのみになっていたので、外の席で「下田バーガー」をいただきました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215041226j:plain

f:id:viridis_geogr:20220215041236j:plain

まず、大きかったです。マクドナルドとかのハンバーガーよりひと回り大きい。味はもちろん最高でした。一つひとつの具材がおいしいのです。とくに金目鯛。またこのあたりに来ることがあれば、何度でも食べに来たいと思えるおいしさでした。

おわり

 

f:id:viridis_geogr:20220215042048j:plain

伊豆急下田駅まで数分歩き、帰りの電車に乗りました。ここでもまた、東京行きの電車にギリギリで滑り込みましたね…。この、バスと電車の2回の滑り込みのおかげで、完璧な「日帰り」が成立したと思います。前日は1時間睡眠だったので、帰宅後は夕食を摂って早々に就寝しました。

 

f:id:viridis_geogr:20220215042719j:plain

あと、余談ですが、この帰りの電車の車窓から撮った写真に写っている伊豆大島のてっぺん辺り、三原山が冠雪しているのは珍しいそうです。

以上です。

自己紹介

自己紹介をします。

僕はいま通信制高校に在籍しています。転入までの経緯や、通信制高校での生活については、無事進学先が決まった際に総括的に書こうと思っているので、ここでは省かせていただきます。

趣味はアニメ鑑賞です。と言っても、まだ指で数えられるほどの作品しか観ていません。僕の家にはなぜかTVが無く、つい数ヶ月前にdアニメストアを使い始めるまでアニメへのアクセスが無かったからです。今までに観た作品は、『とある科学の超電磁砲』『恋する小惑星』『少女終末旅行』『ゆるゆり』『ゆるキャン△』です。今後は『のんのんびより』『ヤマノススメ』などを観ていく予定です。

『恋する小惑星』に触発されて星空観望も始めました(「天体観測」といえるほどアカデミックなことはしていないので、「星空観望」です)。双眼鏡(Vixen アトレックライトII BR6×30WP)を使って眼視観望をしています。今年1月にはしぶんぎ座流星群、2月にはカノープスうお座μ星の食を見ました。オンラインで開催されている国立天文台の観望会にも参加し始めました。天文宇宙検定と星空宇宙天文検定も受験しようと思っています(地学オリンピックとか銀河学校にも当然目が向いたのですが、興味を持つのが遅すぎた。もう新高3です)。

恋アスにはかなり影響を受けているので、高校地学の本を買ったり、なんとなく歴史学言語学のほうに向いていた学問への興味が自然・人文地理学に一極集中したりしています。なので大学は地理学科志望です。大学の名前にあまりこだわりはないので、教員の専門分野などを調べ上げていちばんいいと思うところに行こうと思っています。ちなみに、歴史学言語学のあたりに興味を持ったのは、1848年革命に始まる社会主義運動史や、史上初の社会主義国家を誕生させたロシアの風土や文化におもしろさを感じていたからです(「国家」が存在している時点で社会主義たりえないのではないかというのは置いといて)。気になっていたことに関するキーワードとしては、歴史言語学国民国家世界システム論、文化人類学表象文化論、国家のイデオロギー諸装置、社会主義新左翼、世界連邦 が挙げられます。第二外国語ロシア語にすると心に決めています。いままで興味を持ってきたものを、「気になってい」るだけで実際に学んだりしなかったのを後悔しています。

ところで、僕は東京都に住んでいるのですが、都会での星空観望には光害がつきもので、最寄りの公園では満足のいく観望ができません。見えるのはオリオン座の星々、カストルポルックスシリウスプロキオンぐらいです。そこで、大学生以降は、星空観望のための遠征も兼ねてアウトドア趣味を始めていこうと思っています。キャンプとか登山でなくとも、暗渠探訪や単なる旅行など、今までインドアだった僕からすれば、自宅の外で行う活動はなんでもアウトドア趣味です。暗渠探訪は、大学生になるのを待たずにそのうち始めるつもりです。

あまり文化的な引き出しのない人間なので書くことはもう思いつきません。以上です。